TIME LIFE BUSINESS 確定申告

TIME LIFE BUSINESS(タイムライフビジネス)は確定申告が必要?!詳しく説明します!!

副業に挑戦することは良い事だと思います。自分のスキルをあげることも出来ますし、収入を得ることも出来ます。そこで忘れてはいけないのが確定申告です。確定申告は所得が20万円を超えた場合提出する必要があります。

本業の場合は会社が確定申告などの手続きをしていますが、主婦やフリー他の方は自分で書く必要があります。

そこで今回はこのサイトで何度も紹介しているTIME LIFE BUSINESS(タイムライフビジネス)の確定申告に関して紹介していきます。

TIME LIFE BUSINESS(タイムライフビジネス)がどのようなビジネスか知らないという方は下記の別記事に詳しくまとまっているのでご覧ください。


⇒TIME LIFE BUSINESS(タイムライフビジネス)

TIME LIFE BUSINESS(タイムライフビジネス)も確定申告が必要なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

確定申告はいくらから申告する必要があるのか?

確定申告は原則的に1つもしくは2つ以上の場所からの収益が合計20万円以下であれば申告しなくてもいいという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。確かに申告する最低額というのは20万円以下とされています。

しかし、確定申告以外にも支払う必要があるものがあります。
それが住民税です。

これに関しては払う必要がありますので注意しましょう。
脱税は立派な犯罪です。また確定申告をしないということは社会的な信頼を失うことにもつながります。

フリーランスの方であれば確定申告をしないとローンが組めなかったりクレジットカードが作れなかったり、お金を借りることも難しいケースが考えられます。

確定申告は私たちが普段使わない言葉や項目があり「わからない」「面倒」「難しい」と言われがちですが、払いすぎたお金が戻ってくるなどのメリットもあるのでしっかりと行いましょう。

会社に副業を知られたくない場合は普通徴収に変更しよう!

先ほども説明しましたがこの住民税によって会社に副業がバレてしまうケースもあるので会社に秘密で副業をしたいという方は注意しましょう。
会社員の方であれば住民税を特別徴収として会社が代わりに払っています。副業で所得を得るとその分住民税が上がりますので会社にバレてしまうというのが理由です。

これを避けるためには特別徴収ではなく普通徴収に変更することで会社にバレる可能性を減らすことができるでしょう。
ただし、役所のミスやアルバイトで副業をする場合は特別徴収になるのでバレてしまうこともあります。100%バレないということは約束できませんが普通徴収にすることでそのリスクを大きく減らすことができるでしょう。

普通徴収に変更する方法とは

副業による収入を普通徴収に変更する場合は難しくないです。確定申告で住民税を納付する際に納付の方法を選べば大丈夫です。

通常副業で20万円を超える収入がある場合は所得税を納付をします。その際に副業分の収入に対して払う住民税の納付書を自宅に送ってもらえるように普通徴収に印をつけるだけで大丈夫です。

この方法を使って普通徴収に変更することができれば副業がバレにくくなります。
それほど手間のかかることでもありません。何もせず副業がバレるよりかは普通徴収に変更する方がいいでしょう。

ランキング部分ヘッダー MOBILE WORK

※ランキングは「ワークナビ」より参考にしています。

第1位 TIME LIFE BUSINESS

日常の検索やタップで副収入!
スキマ時間に副業で安定の月収20万円を稼ぐ!
  • 簡単作業で今の収入にプラスしたい方
  • スキマ時間で稼げる副業をやりたい方
  • 安定した副収入が欲しい方

第2位  勝ち組クラブ

専用のお助けツールが勝ち組に導く!
今人気の検索作業で空いた時間を使って最大月収300万円を目指す!
  • 空いた時間で副収入を得たい方
  • 初めての副業で失敗したくない方
  • 作業時間・稼げる金額は自分で決めたい方

第3位 DATA

毎月5万~70万円の現実的な収入UP!
LINE登録者全員対象のキャンペーンで現金最大32,000円をGET!
  • 在宅のみでも稼げる副業をしたい方
  • 初めての副業で失敗したくない方
  • 対話・対面なしで気軽に稼ぎたい方

-TIME LIFE BUSINESS, 確定申告
-, ,

Copyright© 副業EX , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.